ラテとオレの違いが気になって

抹茶ラテを飲んでいる時に、ふと抹茶ラテと抹茶オレは一体どう違うのかなと思い、調べてみました。
その結果は、オレは牛乳が入っているよという意味でラテは牛乳(ミルク)という意味、それぞれフランス語とイタリア語でした。
つまり、オレとラテはミルクと牛乳と同じで、抹茶ラテの場合は要するに抹茶ミルクという事なんですね。

つまり、カフェオレもカフェラテもどれも同じコーヒー牛乳という事なんですよね。

今まで、二つの差がよくわからずなんとなくおれよりもラテの方がおいしそうという先入観で二択を迫られた時はラテを選んでいたのですが、どちらも同じだったんですね。
一般常識かもしれませんがちょっとだけ賢くなれた気分です。

そもそも、世の中いったいどう違うんだろうという類似品が多すぎませんか?

イタリアとフランス、それぞれラテとオレに独自のこだわりがあるのかもしれませんが、お店によってカフェラテだったりカフェオレだったり、またあるときにはカフェラテとカフェオレが両方あったり紛らわしいことこの上ないです。
どれも同じコーヒー牛乳なんですから、わかりやすくコーヒー牛乳にしてくれればいいじゃないですかと思いましたが…

おしゃれなカフェに行ってメニューを見てコーヒー牛乳……ないですね…それは。
たかだか言い方ひとつですが、名前の響きって大事ですね。